梅雨明けのこの時期は

会社の事業年度の期間とは別に、ミニトマト生産を行っていますと、7月が収穫の終了月で、8月が次の播種の月であるため、梅雨明けのこの時期はこれまでの経営課題洗い出しとこれからの目標設定を行う区切りの時間となります。いくら生産が順調でも市況次第で売上変動があります。1年刻みだけでなく数年にわたる企業体力も問われます。2018年度から農業共済において収入保険も始まります。こういう経費も考えておく必要がありそうです。