世田谷区の良い事例

数日前の日本経済新聞で、東京都世田谷区が所有者不明の空き家を民法の不在者財産管理人制度を使って解体し、土地は隣地所有者へ売って解体費用も回収したというニュースが載っていました。全国各地に所有者不明の不動産がごろごろあって、活用されないために、景観的にも防災・防犯的にも問題になっています。しかし、この世田谷区のように、自治体がその気になれば、解決し、地域住民も得をするわけで、要は頭の使いようだと思わされました。