竹槍事件とミサイル広報

本日の熊本日日新聞の「読者ひろば」欄で、私の投稿「竹槍事件とミサイル広報」が取り上げられています。民放テレビ局にしても新聞社にしても政府広報で得られる広告収入はバカになりませんので、その広報の中身を糺すのには及び腰になってしまいます。かつて東電福島第一原発事故以前は、原発安全神話のために相当量の広告が出稿していました。それはそれとしてジャーナリストの使命は何なのか、いかに商業メディアの中にあってもその役割を自覚している担い手がいてくれるよう受け手も応えていきたいものです。写真はネタ本です。