集中力

スポーツの試合結果を振り返ると、一瞬集中力が切れた時間帯の失点が命取りになることがよくあります。就職時の採用選考もそうした側面があります。ただし、応募者自身はたとえば面接において自分が話す自己PRタイムだけが選考されていると勘違いしている向きがあるようです。採用側の立場でいえばけっしてそんなことはなく、受付で適切に挨拶ができているか、会社説明を聴くときの態度がおかしくないか、お茶を出されたときの反応がどうかといった、応募者の普段の人柄も判断して選考しています。ですから、面接室へ入る前に応募者自身が「不採用にしてください」というサインを出していることがあります。こうした課題を抱える応募者は何社応募しても改善すべき課題を理解していないので、同じ結果を繰り返してしまいます。改善ポイントを修正しなければ次の試合も負ける。これは就職もスポーツも同じです。