高校生への就職指導で伝えていること

就職を目指す高校生へ模擬面接指導で常々以下のことを話しています。まず、面接を行う企業の担当者も高校生以上に緊張しています。採用専門部署のある大企業ならいざしらず中小企業になると、日ごろ面接経験が少ない担当者が選考にあたることもあります。少しでも生徒の長所を探ろうと親切な質問をしてくれるとは限りません。勢い外見からのイメージ選考に終わってしまうことがあります。ですから、準備する自己PRでは、模擬面接で追加質問された内容を含めるよう勧めています。それと、採用選考は面接時間中だけが対象とは限らないということです。応募会社の敷地に一歩足を踏み入れたらそのときから見られていると思ってもらってかまいません。受付での応対、面接控室での態度など、集中していない時間帯ほど、本性が現れるものです。その意味では、採用選考は会社全体で行われているものです。