メルマガ配信に「安心マーク」の活用を

JIPDECが運営するサイバー法人台帳ROBINSでは、Webメールのなりすまし対策として、「安心マーク」を通じて、メールの安全性の判別をサポートしています。

ヤフーやニフティなどのWebメール事業者が、ROBINSに掲載されている法人、政党、団体、個人事業者のオフィシャルメールドメインとメールとをチェックして、「安心マーク」を表示します。これにより、受信者が「正しいメール」と「なりすましメール」を判別しやすくなります。
従来のメールマガジンは、送信元のメールアドレスが偽装されていないことを保証できますが、発信者が確かに実在するかや信用に足るかなどの安全性の判断は受信者側に依存していました。
受信者は、ROBINSに掲載された法人等からの正しい電子メールを受信した場合にのみ「安心マーク」や「このメールは○○株式会社より送信されています」といった案内文が表示されるため、「なりすましメール」を誤って閲覧するなどの被害を未然に防ぎやすくなります。
ROBINS掲載にあたっては、確認者として九州で第1号の認定を受けた当事務所がサポートいたします。

安心マーク紹介動画

安心マーク紹介パンフレット