日別アーカイブ: 2020年5月7日

いじめと闘えるか

昨夜放映の「NHKスペシャル いじめと闘う熱血先生」を視聴しました。10年前に川崎市で起きた中学生のいじめ自死事件の調査報告を教育委員会で担当した経験のある教師が、それを繰り返させまいと、今年度担任となった小学5年生の子どもたちと向き合う記録映像となっています。子どもが大人を変えることが可能と理解させる授業を通じて、教師と児童という関係そのものから見直す真剣さが伝わりました。自死した中学生の両親を事件から10年経った命日に、当時の教育長と共に訪ねる場面もなかなかできることではないと思いました。事件や子どもから学べる大人にしか教師は務まらないと思いました。今年、市や各学校のいじめ防止等対策の基本方針が見直されますが、その内容をじっくり見てみたいと考えています。犯人が法律を作ることにならないようにしたいものです。