日別アーカイブ: 2019年9月5日

対話型翻訳機

熊本市外国人総合相談プラザのカウンターに設置されている対話型翻訳機「ワールドスピーク」の実物を見ました。キングジムが7月に発売した機器で、なかなかの優れものです。タブレット端末風の本体2台を1組で使用します。利用時はWi-Fi環境が必要になります。利用者は、画面にタッチして世界72言語から翻訳したい言語が選べます。ボタンを押しながら母国語を話すと、相手の端末に翻訳結果が表示され、音声で読み上げもやってくれますから、自動通訳機ともいえます。スマホでも同様の機能がありますが、いちいち吹き込んだり、文字入力したりして、それを相手にかざしたりしないといけないので、こちらだとストレスがありません。導入費用は14万円ほどで、月額費用はかからないそうです。インターネット接続で使うので翻訳精度もアップデート可能となっています。通訳者を容易に確保できないけれどもさまざまな外国人が訪れる施設にあればたいへん便利だなと思いました。それこそ、出入国管理関係の申請取次を行う行政書士事務所でもあれば、便利です。