日別アーカイブ: 2019年7月11日

民生委員児童委員のススメ

今年の12月1日は、全国一斉に任期3年の民生委員児童委員と主任児童委員の改選となっています。中には、11月30日でもって退任する委員もいるので、その後任者の推薦で地元の自治会長たちは動いていることだと思います。ですが、昨今、この新任委員候補の発掘が難航しているようです。担当地域内の高齢化率があまりにも高くて適任の年齢層が薄いという問題もあります。しかし、大部分は推薦者側の委員活動への理解不足や誤解の要素が大きいと思います。委員の仕事がたいへんだとかなり重く捉えられているふしがあります。ですが、そこまでたいへんかと言われると、自治会長の仕事の量に比べたら軽いです。そのために無報酬の仕事となっています。逆に福祉のこと、教育のこと、法律のことを勉強できて楽しいと思います。行政職員や地方議員以上に現場を見聞きしていろんなことを考えるはずです。問題解決することまで求められてはいませんが、行政や議会へ声を届けるだけでも支援を必要とする人にとっては十分大きな力になります。だから積極的に委員の担い手になっていただくことを望んでいます。