日別アーカイブ: 2018年11月5日

流転の海完結

最近は文芸作品はもちろんましてや長編小説を手に取ることはほとんどありません。そんななかにあって30年来読んできた宮本輝の『野の春 流転の海 第九部』(新潮社、2100円+税、2018年)が先月末に刊行され、ついにシリーズの完結を迎えました。モデルの家庭は、著者自身であり、年齢も父が亡くなった歳と同じく71歳を迎えられたそうですから、一回り上の世代の生活史となりますが、何か懐かしく、たくましく、慎ましい時代の雰囲気を感じます。