日別アーカイブ: 2018年9月5日

障害者雇用について

中央省庁が障害者雇用の法定雇用率を軒並み満たしていなかった問題はたいへん驚きました。ある程度の規模の民間会社であれば、この雇用率を満たすために別枠で率先して採用に動きますし、事実私もその経験があります。民間企業の場合、障害者を新規雇用することもありますし、在職中に障害を持つ社員も出てきます。そこで大切なことは、やたらきつい仕事は障害の有無にかかわらずきついので、職場環境が快適であるかどうかということです。設備や福利厚生制度もそうですが、思いやる人間関係があるかどうかです。職員を大切にできない職場で国民を大切にする政策なんて考えつかないのではと思います。