日別アーカイブ: 2018年9月3日

スポーツ利権

インドネシアで開かれていたアジア大会が無事閉幕しました。世界第4位の人口大国である開催地の盛り上がりも伝わりました。一方で、日本国内での相変わらずの競技団体の混乱が報道を賑わせています。選手強化の陰で組織の重職を務める人たちが利権をめぐって暗躍していた実態が目につきます。通常のビジネスでもそうですが、公益性が求められる競技団体においても、長期間その世界にしかいない人たちは、やがてそれが生活の糧となり、選手も商品としか見えなくなってきているのかもしれません。それにしても声を上げる若者が出てきたことはいいことです。そういう人材にこそ将来は運営を任せたいものです。