日別アーカイブ: 2018年5月11日

論理的整合性と信頼感は別物

国会中継を昨日TV視聴しました。参考人の答弁を聞いていると、さすがに論理的整合性をとろうとしているのはよく理解できました。しかし、首相が昨年1月20日まで利害関係者が申請に動いていることを知らなかったといっているために、参考人がその利害関係者と話したことをその時期以前にまったく報告もしなかったことにしなければならなくなっています。防衛ラインをどこに置いて答弁しているか、これもよく分かりました。これで浮かび上がったのは、整合性を覆す証拠が出てくれば、一層信頼感を失くすことになるということです。その政権がある事項で信頼感を失くすということは、それ以外の運営でも信頼感を失くすということです。このまま何をしたいのか不思議でなりません。