日別アーカイブ: 2018年5月1日

今こそ軍縮

朝鮮半島における完全なる非核化を目標とする宣言が先日の南北首脳会談で出ました。それ自体は、周辺地域はもちろん米国本土にとっても利益あることで、歓迎すべき動きだと考えます。しかし、周辺地域にとっては、長距離の核ミサイルがなくても、通常兵器だけでも十分な脅威は残ります。武器商人国家である米国からすれば、危機をあおり続けられる理由がなければ、ビジネスに影響するでしょうから、軍縮には乗り気ではないと思います。拉致問題の解決もそうですが、このまま米国任せ・頼りでいいのか、日本はもっと南北と協調して直接交渉すべきことがあるのではないか、それこそが国益になるのではないかと思わざるを得ません。