日別アーカイブ: 2018年4月12日

みっともないことはするな

みっともないことはするな。3月28日の朝日新聞1面の「折々のことば」で、筆者の鷲田清一さんのかつての上司、阪大元総長のことばとして紹介されています。筆者は、「言葉を生業(なりわい)とする者として、人前の挨拶では二度と同じ話はしないという主義を通してきたが、大事なことはくり返しきちんと口にすべきことを学んだ」と書いています。昨日の国会論戦を聴いていても、論戦にならないぐらい、みっともない答弁しか政府からはありません。そこまでしてどんな政治を続けたいのか、もう他に任せたらどうかと、思わされました。