カテゴリー別アーカイブ: ニュース

無料相談員業務

本日の9~15時まで上天草市にある大矢野郵便局内で熊本県行政書士会による無料相談員として対応します。今回で4回目になります。ぜひご活用いただきたいと思います。写真は投稿内容と関係ありません。

ニコラにーさん

昨夜放送のTBS「マツコの知らない世界」の次週放送予告で、懐かしい顔を発見しました。
私の高校、大学時代を通じての先輩のチェキ写真家の米原康正さんが登場するみたいです。2012年1月11日の朝日新聞教育欄では、10代前半の少女向けファッション誌『ニコラ』(新潮社)の読者相談コーナーでの回答者「ニコラにーさん」としても活躍されている様子のインタビュー記事が載ったのを覚えています。1997年の『ニコラ』創刊以来、少女たちの悩みに媚びずに本気で回答する人柄が支持されているということでした。

法定相続情報証明制度について

2017年5⽉29⽇(⽉)から、全国の登記所(法務局)において、各種相続⼿続に利⽤ することができる「法定相続情報証明制度」が始まります。この制度を利⽤することで、各種相続⼿続で⼾籍謄本の束を何度も出し直す必要がなくなります。
制度の概要・・・相続⼈が登記所に対し、以下の書類をはじめとする必要書類を提出
1. 被相続⼈が⽣まれてから亡くなるまでの⼾籍関係の書類等
2. 上記1.の記載に基づく法定相続情報⼀覧図(被相続⼈の⽒名、最後の住所、⽣年⽉⽇及び死亡年⽉⽇並びに相続⼈の⽒名、住所、⽣年⽉⽇及び続柄の情報) 
登記官が上記の内容を確認し、認証⽂付きの法定相続情報⼀覧図の写しを 交付
申出について・・・代理⼈となることができるのは、法定代理⼈のほか、①⺠法上の親族、②資格者代理⼈(弁護⼠、司法書⼠、⼟地家屋調査⼠、税理⼠、社会保険労務⼠、弁理⼠、海 事代理⼠及び⾏政書⼠に限る。)

一筆

明日(4月5日)の熊本日日新聞夕刊から3か月間、水俣病センター相思社の常務理事が週一コラム「一筆」に登場するそうです。年齢は私よりも数段若い女性ですが、苦しい人生を歩んできた患者の話を日ごろから聴いている人だけに、どのように社会を捉えた文章が出てくるのか非常に楽しみです。

高砂や

かつては結婚披露宴の定番の謡いだった能作品の『高砂』(たかさご)には、九州阿蘇宮の神官が脇役として登場します。その阿蘇神社宮司の親戚にも大学同窓の方がいると知りました。在米の方ですが、帰国して1年前の震災復興に奔走されておられるので、同窓会ホームページでその活動の一端を紹介させていただくことになりました。

熊本県の選手が優勝

石川県金沢市で開催されている全国高校ウエイトリフティング競技選抜大会の男子77㎏級において熊本県の選手が昨日見事1位を勝ち取りました。しかも1年生による快挙です。おめでとうございます。写真は優勝した選手の兄が試技をしている別の大会のものです。

図柄ナンバー

最近、バスの車内広告でも見かけますが、図柄ナンバーの申込みが始まっています。2019年にラグビーワールドカップが開催されますが、これを記念した、ラグビーナンバープレートというものが発行されます。寄付ができるようにもなっています。行政書士が申請代理して現在保有するナンバープレートをラグビーナンバーへ交換することができます。

『月刊 地方自治』(2016年11月号)

地方自治制度研究会編『月刊 地方自治』(ぎょうせい、税込700円、2016年11月号)において、 総務省自治行政局行政課の毛塚健太氏による報告「平成二八年熊本地震における行政書士の活躍について」が掲載されています。この中で当職が所属する熊本県行政書士会の被災者支援活動が紹介されています。たいへん光栄な記事です。

行政書士記念日

2月22日は行政書士記念日でした。熊本県行政書士会では、ゆうちょ銀行とタイアップして4会場で無料相談会を実施しました。記念日からは遅れますが、3月8日(水)の10~15時、上天草市の大矢野郵便局において無料相談会を開催します。当日は、熊本県行政書士会から派遣の相談員として当職が担当いたします。来局をお待ちしています。

おくのほそ道

今から40年前の高校1年生時のクラス担任だった坂田燦先生より版画個展「おくのほそ道」のご案内をいただきました。2月12~26日と3月4~19日の2期に分けて東京の渋谷区立松濤美術館で開かれます。入館料は無料です。江戸時代の俳人・松尾芭蕉が辿った場所を版画でめぐることができます。以前、熊本県立美術館分館で開催された折に作品を鑑賞させてもらったことがあります。静かな作品群を前にすると、時代が変わっても、人はとにかく歩みを続けてみないと、見えてこないものがあるなと感じます。

新たな事務局を担います

昨日より「川崎病の子供をもつ親の会 熊本県連絡会」の事務局(会計)を担当することとなりました。直に当事者と接する機会はないと思いますが、県内でそういう立場になった方が心強く思っていただけるよう灯を維持するお手伝いができればと考えています。