カテゴリー別アーカイブ: ニュース

行政書士会の広告掲載のお知らせ

けさの熊本日日新聞朝刊2面の記事下に熊本県行政書士会の5段広告が掲載されていましたのでお知らせします。広告ではグループ補助金の申請手続きについて周知されていますが、その他にも行政書士が取り扱える分野は多岐にわたります。個々の会員の専門分野も異なりますので、ご不明の点は行政書士会へお問い合わせください。

農地利用最適化推進委員に委嘱されます

2日間の鹿児島日帰り用務が無事終了しました。28日に宇土市農業委員会の一部を構成する農地利用最適化推進委員としての委嘱状交付式に出席します。式の後にさっそく研修会や親睦会も開かれます。地元の適正な農地利用の促進に貢献できたらと思います。

質問書の様式改訂について

2017年6月6日に日本人の配偶者、永住者の配偶者及び定住者の配偶者に係る「在留資格認定証明書交付申請」及び「在留資格変更許可申請」の際に提出する質問書の様式が改訂されています。法務省では、以下のリンク先にて、新旧様式の取扱いの案内及び新様式の公開を行っています。各支局によって旧様式の取扱い期間が異なる場合があるので、旧様式の書式が利用可能か申請前に各支局に確認が必要のようです。
【法務省ホームページ】
・在留資格認定証明書交付申請:http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-1.html
・在留資格変更許可申請:http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-2.html
・質問書(新様式):http://www.moj.go.jp/content/001226222.pdf

無料相談員業務

本日の9~15時まで上天草市にある大矢野郵便局内で熊本県行政書士会による無料相談員として対応します。今回で4回目になります。ぜひご活用いただきたいと思います。写真は投稿内容と関係ありません。

ニコラにーさん

昨夜放送のTBS「マツコの知らない世界」の次週放送予告で、懐かしい顔を発見しました。
私の高校、大学時代を通じての先輩のチェキ写真家の米原康正さんが登場するみたいです。2012年1月11日の朝日新聞教育欄では、10代前半の少女向けファッション誌『ニコラ』(新潮社)の読者相談コーナーでの回答者「ニコラにーさん」としても活躍されている様子のインタビュー記事が載ったのを覚えています。1997年の『ニコラ』創刊以来、少女たちの悩みに媚びずに本気で回答する人柄が支持されているということでした。

法定相続情報証明制度について

2017年5⽉29⽇(⽉)から、全国の登記所(法務局)において、各種相続⼿続に利⽤ することができる「法定相続情報証明制度」が始まります。この制度を利⽤することで、各種相続⼿続で⼾籍謄本の束を何度も出し直す必要がなくなります。
制度の概要・・・相続⼈が登記所に対し、以下の書類をはじめとする必要書類を提出
1. 被相続⼈が⽣まれてから亡くなるまでの⼾籍関係の書類等
2. 上記1.の記載に基づく法定相続情報⼀覧図(被相続⼈の⽒名、最後の住所、⽣年⽉⽇及び死亡年⽉⽇並びに相続⼈の⽒名、住所、⽣年⽉⽇及び続柄の情報) 
登記官が上記の内容を確認し、認証⽂付きの法定相続情報⼀覧図の写しを 交付
申出について・・・代理⼈となることができるのは、法定代理⼈のほか、①⺠法上の親族、②資格者代理⼈(弁護⼠、司法書⼠、⼟地家屋調査⼠、税理⼠、社会保険労務⼠、弁理⼠、海 事代理⼠及び⾏政書⼠に限る。)

一筆

明日(4月5日)の熊本日日新聞夕刊から3か月間、水俣病センター相思社の常務理事が週一コラム「一筆」に登場するそうです。年齢は私よりも数段若い女性ですが、苦しい人生を歩んできた患者の話を日ごろから聴いている人だけに、どのように社会を捉えた文章が出てくるのか非常に楽しみです。

高砂や

かつては結婚披露宴の定番の謡いだった能作品の『高砂』(たかさご)には、九州阿蘇宮の神官が脇役として登場します。その阿蘇神社宮司の親戚にも大学同窓の方がいると知りました。在米の方ですが、帰国して1年前の震災復興に奔走されておられるので、同窓会ホームページでその活動の一端を紹介させていただくことになりました。

熊本県の選手が優勝

石川県金沢市で開催されている全国高校ウエイトリフティング競技選抜大会の男子77㎏級において熊本県の選手が昨日見事1位を勝ち取りました。しかも1年生による快挙です。おめでとうございます。写真は優勝した選手の兄が試技をしている別の大会のものです。

図柄ナンバー

最近、バスの車内広告でも見かけますが、図柄ナンバーの申込みが始まっています。2019年にラグビーワールドカップが開催されますが、これを記念した、ラグビーナンバープレートというものが発行されます。寄付ができるようにもなっています。行政書士が申請代理して現在保有するナンバープレートをラグビーナンバーへ交換することができます。

『月刊 地方自治』(2016年11月号)

地方自治制度研究会編『月刊 地方自治』(ぎょうせい、税込700円、2016年11月号)において、 総務省自治行政局行政課の毛塚健太氏による報告「平成二八年熊本地震における行政書士の活躍について」が掲載されています。この中で当職が所属する熊本県行政書士会の被災者支援活動が紹介されています。たいへん光栄な記事です。