カテゴリー別アーカイブ: 社会福祉

特養入所と年金

今年最初の朗報は、親の特養入所が決まったということになりました。利用申し込みを行った時期には2~3年待ちと聞いていたのですが、幸いなことに半年あまりで入れることになりました。私のように時間の融通がきく事業主ならいざしらず、いやそれでも家族に要介護者をかかえると、けっこうな負担があるものです。それを特養にお任せできるのはたいへんありがたいことです。あとはその利用料の工面ですが、親世代は年金でなんとか賄えると思われます。問題は、今の子や孫世代が老後を迎える時期のことです。やはり年金だけでは困難です。要介護にならないようにまずは生活するしかありません。

どんどや

今年の地元のどんどやの日が、成人式と重なったため、参加できなかったのですが、毎月介護相談でおじゃましている施設のどんどやに伺う機会に恵まれました。山を造成した場所に、このグループ施設が点在し、利用者の高齢者、職員、はたまたこれもグループの保育園児ら多数が見守る中でのどんどやでした。私は、少し小高い所から眼下に見る形で、火を見つめました。着火してすぐに組み合わされた竹が平たく倒れてくれ、あまり火柱が高くならずに燃えてくれました。なんせ周囲が山なので危なくはないかと思っていましたが、施設はかなり気を付けた進行に努めていました。

子供に学ぶ

民生委員児童委員PR活動で先月地元の学童クラブを訪問しましたが、本日の定例会議でそのときの所感を委員に発表してもらいました。日頃どちらかといえば高齢者支援に重きをおいてきたため児童とのふれあい活動は新鮮だったようで、受け入れてくれた施設の反応を含めて、今後も継続したいということになりました。子供に遊んでもらうと、大人の気持ちも明るくなる気がしました。

仕事始め

仕事始めといっても、社会は年末年始にかかわらず動いています。交通事故もあれば、火災もあります。殺傷事件も起こっています。県内でも高齢の親と中年の子の世帯での事件が報道されていましたが、民生委員としてもどこでも起きても不思議ではないだけに、考えさせられました。

行政不服審査制度への信頼失墜

けさは近くの学童クラブを訪ね、児童とふれあい活動を行ってきました。段ボール紙で大きな将棋の駒を作り、将棋を楽しんだりしました。さすがに小学1~3年生と遊ぶのは体力を使います。世の中のおじいさんおばあさんの苦労を感じました。明日も別の学童クラブを訪ねて民生委員児童委員のPRを行ってきます。
ところで、25日の朝日が、水俣病と認定されなかった人の不服申し立てを審査する国の公害健康被害補償不服審査会側が、裁決の見通しを事前に環境省に漏らしていたと、報じていました。これは行政の適正な運営を確保する行政不服審査制度への国民の信頼を大きく損なう不当な介入です。加計学園問題で「行政のあり方が歪められた」ということがありましたが、環境省自身が「行政のあり方を歪めた」、自浄能力を放棄した憂慮すべき行為です。なんとも腹立たしい思いを持ちました。

クリスマス会

毎月介護相談で訪問しているデイサービス施設のクリスマス会に参加してきました。職員の出し物あり、地元の芸能教室の出し物ありと楽しい時間でした。利用者と職員間の交流はもちろんですが、職員の人柄が伝わることにより、職員間の相互理解が進む印象を受けました。今月別の施設のクリスマス会にもおじゃまします。

運営ボランティア体験

地元市の社会福祉協議会主催による「歳末助け合い市民のつどい」の運営ボランティア活動に終日従事しました。午前中は中学校体育館でのチャリティーバザー会場での品出しや来場者の入退場案内などを行い、午後は市民会館で行われるチャリティー芸能大会の会場受付を行いました。あまり座る時間がなく、あっという間に終了しました。主催者発表で約100万円の寄付が集まったそうです。毎年楽しみで訪れる市民も多いそうです。また多く来ていただかないと寄付額も伸びません。魅力ある催しとなれば、結果として集まった寄付から支援を受ける人も多くなります。なかなかいい体験でした。

福祉避難所はいくつあってもいい

機会があり地元市内にある施設を見学しました。入居者家族用の宿泊ルームもあり、ちょっとした旅館の客室に近い作りでした。昨年の熊本地震後の一時期は近くの住民の避難先として受け入れたそうです。施設長の話によれば、正式に福祉避難所としての協定を地元自治体と結ぶということでした。他にもカラオケルームや庭園その他充実した施設でした。こうした施設の存在は心強いものです。

福祉人材の待遇改善を

介護現場については私にとってたいへん身近な存在になっています。そのサービスが利用しやすく快適に機能していないと、その利用世帯にとってはさまざまな負担が発生します。家計だけでなく、利用者家族本人の時間が割かれてしまうのです。福祉サービスが盛んなことは、地域の経済を支える意味でも重要です。そのためにも福祉サービスに携わる人材の待遇改善が求められると思います。

楽しい定例会

きょうは月に一度の民生委員・児童委員の定例会でした。さまざまな事業の協議が中心になりますが、委員から笑顔が出るなかなか楽しい時間でした。事業の目的や効果を考えて動くとなると、一方的な負担感ではなく当事者の主体性が出ます。いろんな意見が出てより優れた事業となります。来月はこのメンバーで旅行することも決まりました。写真は阿蘇・立野地区。

敬老会に参加しました

地元小学校区の敬老会に参加しました。市長の話によると。市内の75歳以上の高齢者数は約6000人、同じく100歳以上の方は32人おり、最高齢は107歳ということでした。震災で取り壊された市老人福祉センターも2018年4月にはオープンするそうです。

明日からケアハウス桜の丘文化祭

明日から甲佐町にあるケアハウス桜の丘の文化祭が開かれます。確か2年前に見学した覚えがありますが、力作ぞろいでした。期間中の台風の進路だけが気がかりです。
日時:平成29年9月15日(金)~21日(木) 10:00~16:00
場所:ケアハウス桜の丘 1F 地域交流スペース

敬老会

地元の特別養護老人ホーム主催の敬老会に2年ぶりに参加しました。昨年は震災もあり中止だったかと思います。今年は地元の市民オーケストラの演奏がありました。指揮を執るのはお寺の住職さんです。90分飽きない催しでした。

りんごはいかが

水俣病センター相思社が取り扱う長野産の低農薬りんごを今年も注文しました。毎月美味しいりんごが届くので楽しみです。りんごと言えば、18日に2年ぶりに開かれる地元校区の敬老会アトラクションに参加しますが、民生委員一同で健康ダンス「リンゴの唄」を披露します。
以下は、相思社メールニュースからの転載です。

「りんごはじめました♪」

今から30年以上前、水俣病との出会いがきっかけで農薬の使用を最低限まで減らしてやってきた長野県佐久穂町の須田さん一家。 研究を重ねた手法やその思想は、二代目たちにしっかりと受け継がれています。

報道でご存じの方も多いと思いますが、宅急業者がこぞって値上げします。それでこれまでの送料を続けることができなくなり、値上げをすることに いたしました。何卒ご理解ください。そのぶん、送料がオトクな10kg箱、7kg箱2つしばりなどご用意しました。また、手頃な5kg箱のラインナップも増やしました。お好みの箱サイズを選んでください。

お買い求めはインターネットからどうぞ。
http://naganopomme.cart.fc2.com/

「のさり」最新号もぜひご覧ください (PDF約8MBです)
https://goo.gl/r5ZUNx

つがるは今ようやく色づき始めています。 9月中旬からとしていますが、気象次第でとても微妙なところです。また品薄となっていますので売り切れの際はご容赦下さい。

合理的配慮のポイント

障害者虐待防止センターの業務を受託している施設の専門家による障害者差別禁止法についての理解を深める研修に参加する機会がありました。何をもって不当な差別的な取り扱いとされるのか、何をもって合理的配慮といえるのか、事例を通じて唯一無二の正解はないのではと思いました。講師は、合理的配慮のポイントとして、(1)当事者の意向を尊重、(2)対話をする、(3)障害特性を知る、(4)1人で対応できないときはいろいろな人の力を借りる、の4点を上げていました。これは、相手が障害者に限らず、高齢者や子ども・女性などすべてに通じると思いました。写真は投稿とは関係ありません。

新たな在留資格

今月から新たな在留資格として介護が認められるようになりました。これは留学生が介護福祉士の資格を取得してそのまま日本国内の介護施設に就職することを想定しています。昨年11月の入管法改正で創設されたものです。これまで数か国だけに介護分野の技能実習生が認められていましたが、それよりも双方が安定的に働けることになります。農業分野でも国家戦略特区制度を使って外国人労働者受け入れを求める声が県からも上がっているようですが、これも全国的に拡充することが望ましいと思います。労働力不足の産業は伸びしろがある産業でもあるわけですから、現役世代の人口が増えることは税収や社会保障の拡充にもつながります。ということは国民の暮らし向きも良くなるわけで低賃金の労働者に働き口が奪われるという心配よりもプラス効果が高いと考えます。定着した外国人が帰化してくれることも歓迎すべきです。