カテゴリー別アーカイブ: 社会福祉

働き方改革なるものの前に

学童保育をめぐって次の動きが気になりました。一つは障害児が放課後に通う放課後等デイサービスに支払われる報酬が減額されるために、それらの施設の2割が経営悪化し、サービス廃止の危機にあるそうです。もともとは利益優先の悪質な業者を排除するために、障害が軽い子どもばかりを受け入れている施設向けの報酬を減らす施策だったようですが、良質なサービスを提供している事業者までも影響を受ける羽目になりました。これにより障害児が通常の学童クラブに通わざるを得なくなりますが、その通常の学童クラブにも問題が持ち上がっています。厚労省令に基づく学童保育の基準では、研修を受けた放課後児童支援員を施設単位ごとに2人以上配置することになっています。しかし、この人材確保が難しいことから自治体によっては参酌化を望む声があり、支援員1人だけ配置の検討が国で始まっているとのことです。1人だけでは防災や防犯といった緊急時の対応もままなりません。人を減らすことではなくて、支援員の待遇を厚くすることが後回しになっている観があります。結局、学童へのしわ寄せは保護者の働き方へも影響しますし、現役世代の働き方は医療介護保険・年金といった社会保障面の資産の過不足にも影響します。

選択的緘黙

放送大学の講座についてはインターネットラジオのサービスを使ってランダムに聴くことが多くあります。特に法律関係や社会福祉関係の講義に関心があります。耳学問といえば与太話的なイメージがあり、あまり価値がないと思われます。そこで発せられる見解が事実かどうか怪しいことがあるかもしれません。しかし、放送大学のような公共的なメディアであれば、もしもそこで発せられた情報が悪質であれば、直ちに批判が巻き起こるでしょうし、リスナー自身でも検証することが容易だと思います。昨夜聴いた情緒障がいについては、かつての厚生省と文部省との間でかなり範疇が異なっていたこと自体が驚きでした。医学的見地からの判断と、教育現場で直に接することで問題視することの差があったのかもしれません。昨夜の講義で感じたのが、私自身が小学1年時に北海道から熊本へ転校してきてから、中学校で生徒会長になるまで、選択的緘黙を通していたことでした。もっとも、現在の私は、違う意味でこの選択的緘黙の態度をとることがあります。特に人権感覚でこの人物とは違うと感じるときは話す気になりません。勇気を振り絞って議論すべきなのでしょうが、すっと離れることにしています。

社会復帰こそが社会貢献

佐賀県にある女子刑務所を訪問する機会がありました。入所者の高齢化に伴い、出所後の就職が難しく、再犯してしまう率も低くはありません。もともと学力が低い人も多く、職業訓練も行われていますが、マッチングが難しいようです。とはいえ、社会復帰こそが社会貢献であり、罪の償いです。受け入れていく雇用主が増えることを願うばかりです。

CF支援を

一度全国紙で紹介されていましたが、けさの地元紙でも水俣病センター相思社で展示施設の改修資金獲得を目的としたクラウドファンディング開始について紹介されていました。予定では6月18日からホームページにリンクを貼るということでした。今週は視察研修で刑務所を訪ねます。縫製や製茶、介護などさまざまな職業能力開発に入所者は取り組んでいるようです。出所後の活躍の場が増えることを期待しています。

2024年に50歳以上が人口の半数

2024年には、国内人口の半数以上が50歳以上になるのだそうです。そんなこともあって社会保障をどうするのかという議論があっています。現在の政権与党の考え方は、年金受給開始年齢を「柔軟化」という表現で引き上げたいと思っています。医療費の自己負担を所得に応じて3割に引き上げようとも考えています。そのためにもまずは「高齢者」の年齢引き上げもありえるのではないでしょうか。そんなことはすべて党の人生100年時代戦略本部というところが出した提案に書かれています。いつ引退するかは個人の問題ですから、いつまでも働けというのは国がとやかく言うものではないと思います。高齢者を支える世代を増やしたいのなら、外国人の受け入れに寛容な国にしていくことが先決です。それと教育を含めた社会保障にまわすお金を手厚くするためにも、過剰な防衛装備は減らすべきです。

原点は何なのか分からない

民生委員制度創設100周年記念熊本県大会の来賓挨拶に立った知事が、人生で初めて民生委員と接したときのエピソードを語っていました。旧満州からの引揚者である貧しい農家の両親を訪ねてきた民生委員が、生活保護受給申請を勧めてくれたそうです。当時、知事は12歳の少年だったそうです。しかし、その頃は生活保護を受けると子どもが高校進学できなくなるので、両親は受給申請を断ったそうです。それでも、蒲島少年は他人の生活を思って動いてくれる人の存在を知って、民生委員の信条が今の知事としての信条として重なるというようなことを話していました。同じく今月1日の水俣病慰霊式で知事の政治の原点は、水俣にあると挨拶していました。チッソの社長が救済は終了したという持論展開にも同調はしていませんでしたが、今の患者認定のやり方を俯瞰すると救済の仕方に問題があります。果たしてどちらがあなたの原点なのかが分からないという気持ちです。

民生委員・児童委員の日

5月12日は、民生委員・児童委員の日となっています。これは、民生委員制度の源となった岡山県の済世顧問制度設置規程が、101年前の1917年5月12日に公布されたことに由来するものです。そここともあってこの1週間は各地で活動PRのイベントが行われているようです。1期3年の半ば近くにもなりました。担い手確保も重要な課題です。

出向くことの大切さ

昨今は電気のメーターさえスマート化して検針員の仕事はなくなってきています。ましてや普通一般の住民が他人の居宅を訪問する機会は少ないと思います。私の場合はたまに公的な業務で訪問することがあるので、いろいろな発見があります。いかに社会的に高い地位の仕事についていても日ごろ訪ねてくれる狭い世界の人としか出会わないと感覚がずれてくる気がします。自ら出向いて得た経験を関係先への提言として生かしていきたいと思います。

BIと人権

井上智洋著『 AI時代の新・ベーシックインカム論』(光文社新書、840円+税、2018年)は、新書ながらなかなか読み応えがありました。先に読んだ、ガイ・スタンディング著『ベーシックインカムへの道 正義・自由・安全の社会インフラを実現させるには』(プレジデント社、2000円+税、2018年)が、BIの歴史や世界での実情といった基礎的・普遍的分野を取り上げていますが、井上本は、もっと日本での導入を意図した考察に重点が置かれています。日本における儒教的倫理感が最大の障壁と捉えているのが印象的でした。しかし、スタンディング本の副題にもある通り、BIがもたらす正義を考えると、自己責任論の誤謬を丹念に突き崩していけば、日本での導入も十分考えられるとも思いました。BIのメリットとしては、お金の流れ方を変えるというのがあると思います。現在は、生活保護や児童手当、雇用保険、公的年金を除いて、政府→銀行・企業→企業→家計となっていますが、企業で多くのお金が止まってしまいます。企業が徴税を担っていることもありますが、家計消費が喚起されません。これを政府→銀行→家計とすることで、消費が増え、働いている人の所得も増えますし、今の生活保護受給からの脱出も図れます。AIでなくなっていく銀行業界を助けることになるかもしれません。まずは必要最小限の文化的生活を保障する憲法の精神を実現を図る正義から考えてみたいと思います。

AIとBI

人工頭脳とベーシックインカムについての本を立て続けに読んだところで、それをつなぐ論考にも目を向けたいと思いました。そこで、次に読む本は、井上智洋著『 AI時代の新・ベーシックインカム論』(光文社新書、840円+税、2018年)です。AI技術の進展により個人が収入・所得を得る仕事のありようが変わってくると思われます。仕事イコール職業とは限りませんから、収入・所得が望めないと、消費は生まれず社会が停滞することが目に見えてきます。経済政策、福祉政策の仕組みを根本から考えてみる必要がありそうです。

熊本地震から2年

熊本地震から2年経ちますが、周囲を見渡すと、これから仮設住宅を出たり、災害公営住宅が建てられたりと、まだいろんな動きがあります。つい最近も今頃になって校区内の公立幼稚園舎の耐震性が弱いということが分かり、現在仮設園舎の建設が進んでいます。目で見える範囲で地震の影響を感じない日はない気がします。

アフガニスタンへランドセルを贈る

アフガニスタンの子どもたちへランドセルを贈る活動をしているNGOのことを先週たまたま見たテレビ報道番組で知りました。我が家にも2個のランドセルがありましたので、家族の承諾を得て贈ることにしました。詳しくは、ジョイセフという団体のホームページに載っていますが、傷みがひどくなく、素材に豚革が使用されていないことを条件に、贈ることができます。それと、海外輸送料の負担が必要です。未使用の鉛筆や消しゴムなどの学用品も同送することができます。これも結構あったので、役立ててもらえるのはありがたいと思って入れました。このランドセルを使ってくれた子どもの将来も夢があって楽しみです。

懇談会無事終了

川崎病の子供をもつ親の会熊本県連絡会主催の懇談会・懇親会が無事終了しました。これまでにない周知活動を行いましたが、参加者は約20人に留まりました。しかし、アンケートの回答内容を読むと、満足度が高かったのではないかと思います。次はどうするのか、おいおい考えていきたいと思います。

何を語ろうか

けさは、近くの保育園の入園式に招かれ、0~3歳児たちの表情を楽しみました。子どもたちに周囲の大人がどう目に映っているのかを考えると、たいへん興味がひかれます。今月、地元の高齢サークルに呼ばれて何か話をと頼まれていたのですが、別の行事と重なってしまい、4か月後に延期してもらいました。さて、何について語ろうかと、思案しています。

地域の活動団体について知る

本来なら4月以降にすべきなのですが、4月上旬に市長選が予定されていることもあり、昨夜、地域の各種団体の合同監査が行われました。私が会長を務める地区社協は、市内に7つあるうちの1つです。この任に就くまで、この団体の成り立ちや使命について意識することはありませんでした。他の団体の長もいわゆる充て職ということで、活動しながらの理解だったろうと思います。しかし、予算の地区への配分などは、旧来の地区割に基づいており、人口増加地域と減少地域との格差が開いています。上部団体の評議員の構成比も旧来の地区割通りなので、人口増加地域の意見が多数を占めないこともあります。今度の年次総会では、そうした課題についても説明し議論してもらおうと思います。

保育園卒園式に出席

毎年お招きをいただいている近くの保育園卒園式に出席しました。今年で45回目を数え、卒園児も1000人を超えました。ということは、第1回卒園の方も50歳に達しているわけで、いずれ3世代が卒園という世帯も出てくるかもしれません。式の終わり方で卒園児が「ドキドキドン!1年生」の歌を披露してくれるのですが、いつも来賓の大人たちに初心に還れと言われているみたいで、ドキドキします。

ベーシックインカムという政策

ガイ・スタンディング著『ベーシックインカムへの道 正義・自由・安全の社会インフラを実現させるには』(プレジデント社、2000円+税、2018年)を今度読んでみます。所得の再分配はどうあるべきか。生活保護受給者をバッシングすることがいかに間違っているのか。共生社会のあり方について考えてみたいと思います。