カテゴリー別アーカイブ: 農地活用 農業参入

所有者不明=ボウフラの土地問題

法務省がこのたび公表したサンプル調査によると、「最後の登記から50年以上経過し、所有者が不明になっている可能性がある土地の割合は22.4%にのぼった」(朝日新聞2017年6月7日)といいます。そのため、相続登記がされないまま「塩漬け」状態になっている土地が多く、道路や公園といった公的な利用の妨げになっていますし、同様に農地の場合であれば耕作できずに荒れる一方となります。
そこで、国土交通省ではいわゆる「骨太の方針」に盛り込み、来年の通常国会への関連法案提出に向けた検討を進めているようですし(朝日新聞2017年6月1日)、農林水産省においても、持ち主がはっきりしない農地を、意欲のある生産者に貸し出しやすくする農地法改正案などを来年の通常国会に提出することを目指している(共同通信2017年6月6日)と伝えられています。
もともと土地は地球住民の共有物という考えに立てば、相続人が不明の土地をほったらかしにされても周囲の住民が迷惑します。自治体へ権利を移し、適切に管理できる私人に移譲するのは賢明な活用法だと思います。
作家・司馬遼太郎は、作品『草原の記』の登場人物にこう言わしめています。「なぜあなたは財産をたくわえているのです。人間はよく生き、よく死なねばならぬ。それだけが肝要で、他は何の価値もない」。学商あるいは拝金宗主義者として批判されることのあった福澤諭吉でさえ、『福翁百話』のなかで「宇宙の間に我地球の存在するは、大海に浮べる芥子の一粒と云うも中々おろかなり。吾々の名づけて人間と称する動物は、この芥子粒の上に生れ又死するものにして、生れてその生くる所以を知らず、死してその死する所以を知らず、去て往く所を知らず、五、六尺の身体僅(わずか)に百年の寿命も得難し、塵(ちり)の如く埃(ほこり)の如く、溜水に浮沈する孑孑(ぼうふら)の如し。」と語っています。ボウフラの土地を未来永劫残しておいて意味がないことは明らかです。ちょっと遅きしに失した政策転換の気がします。
写真は記事とは関係ありません。月曜夜のスタジアム風景です。

朝から屋外作業

恒例の市が設置する養護老人ホームの草刈り奉仕に早朝6時半から出ました。終わってから作業着のままであるついでで、そのあとは自宅のビワの収穫です。ウメもそろそろ収穫しないといけません。農業事業に携わっていて植物の成長が自然なのは理解していますが、集中して手間がとられるものです。土日も各種会議が入ります。写真は記事と関係ありません。

輸出産業としての九州の林業

九州沖縄地方で5月12日に放送されたNHK番組「なるほど実感報道ドドド!」では、「九州から始まる!ニッポン林業の夜明け」と題して変貌を遂げる輸出産業としての九州の林業を取り上げていました。思えば旧国鉄の廃線や民営化された路線にはこうした木材の輸送線路が含まれています。ですが、今は中国など近隣アジアへの輸出が伸びているそうです。熊本県の八代港も全国で2番目の木材輸出港ということを今回初めて知りました。
以下、番組ホームページより。「“もうからない産業”と言われてきた「林業」に復活の兆し!鍵は270億円にまで急成長した「輸出」だ。日本の林業を再生し持続可能な産業に育てるためにはどうすればいいのか?九州で始まった挑戦に迫る▽木材輸出日本一の鹿児島・志布志港。拡大の裏には中国での意外な需要があり!?▽韓国の伝統建築を支える宮崎産の加工木材にさらなる成長のヒントが!▽創設相次ぐ林業学校。育成目指す“次世代の林業親方”で何が変わる?」
写真はまったく関係ありません。

黄砂

天気予報では晴れですが、黄砂のせいか実質的には曇天です。農作物の光合成条件としては良くないといえるでしょう。しかし、光合成には光の照度ではなく、届く波長が何なのかが重要です。これからの季節は温度が高すぎてもいけません。乾燥しすぎても気孔が開かずいけません。自然環境の変化に左右されるなかで、野菜は育っています。

GWを前に

来週からGW期間に入ります。期間前に済ませる仕事、期間明けまでに完了しない仕事の仕分けを行っているところです。一方、被雇用者ではないので、この期間中も発生する仕事があります。期間中に2回のロアッソ熊本のホームゲームが組まれていますが、さて1回でも行けるのかどうか。これだけ長期の休みになれば、事業者としては金融機関ぐらいは決済を動かせてほしいとも思います。写真は、期間中に読む予定の本です。

農業委員会法改正

農地を所有しているとか、農地を買いたい・借りたいという人以外に、ふつうの住民は農業委員会という組織に縁はないと思います。しかし、農地が農地の体をなしていないために地域によっては生活に不自由をきたすことがありえます。このたび農業委員会法が改正されたことにより、農業委員会の構成が大きく変わり、委員の選び方も変わりました。地元市の場合は、従来25人が定数の農業委員が12人になり、代わって13人の農地利用最適化推進委員が生まれます。これまでの委員は定数を超過する場合、農家による選挙でしたが、今度から応募または推薦の公募制になります。したがって農業の将来に関心があれば農家でなくても委員に就ける可能性が出てきました。今年7月から新しい構成に変わるので、注目しています。

新しい職務

新年度になって新たにお引き受けする予定の職務が増えてきています。例を挙げると、社会福祉法人の評議員、医療法人の監事、教育委員会関連事業の委員などです。正式に選任されたら随時沿革やプロフィール欄に追加表示していきます。行政書士登録も今月から7年目に入ります。何に関心が高いかというと、福祉、教育、国際、農業といったところのようです。それぞれ別々のようで関係することも多い感じを受けます。さまざまな団体の事業運営の役に立ちたいと思います。

土地活用の実現手法を考える

ある土地の所有者の相続人の生死も居所も分からない、それを確認するにも相当の期間と費用がかかりそう。さて、どうするか。面倒な事例においていかに依頼者の権益の確保するか、いろいろ勉強すると、方策のヒントが見えてきます。資格に安住せず、考え動いてみることで道が開けてくる思いを最近は強くしています。

いろんなヒントが満載

昨日から読み始めた『所有者の所在の把握が難しい土地に関する探索・利活用のためのガイドライン』ですが、「不在者財産管理制度」と「相続財産管理制度」の違いがよく理解できました。加えて地方自治体と密接な「土地収用法に基づく不明裁決制度」や「認可地縁団体が所有する不動産に係る登記の特例」、「農地中間管理機構による利用権設定」などは、むしろ住民の立場から活用できる手法として役に立ちました。というのも、自治体職員というのは短期間で部署異動するため、なかなか通りいっぺんで処理できない案件を鮮やかに切り抜ける制度について熟知していない気がします。これでは住民の悩みが閉じ込められてしまいます。職員の上を行く知識を活用して住民の悩み解決に動きたいと思います。

所有者の所在が分からない土地の扱い

これから読む本は、所有者の所在の把握が難しい土地への対応方策に関する検討会著の『所有者の所在の把握が難しい土地に関する探索・利活用のためのガイドライン』(日本加除出版、1800円+税、2016年)という著者名と著書名がやたら長い一冊です。最近業務でもこのケースによく当たります。

半月で設置希望が30台以上

熊本へ進出して半月足らずでスーパードリンク自販機の設置希望が30台以上となりました。設置場所のオーナー様にも、ドリンクを購入されるお客様にとっても、お得なのがご支持をいただいている結果のようです。
年明けから行っていた当社のミニトマト収穫パートの募集は、本日充足しました。ただいま生産真っ盛りです。今週も研修受講が2日、講師登壇が2日と、さまざまな活動予定が目白押しです。

自ら考えられる担い手が育っているか

本日の日本農業新聞にトップリバーの代表者のインタビュー記事が載っているそうです。「人を育てられる農業経営者か」と「作物を生産するだけの農家か」の違いを明確に指摘されていました。この方の著書を以前読んだことがあります。厳しい物言いをされていましたが、現実を言い当てているのは確かです。

2月に入りました

2月に入りました。初日は鹿児島県内の高校で就職ガイダンスに携わります。この就職指導の業務は今月数回あります。加えて行政書士の業務、これには会の活動もあります。研修を受けたり、講義する方に回ったりします。収穫最盛期を迎えている農場の様子も気になりますし、その労務管理の業務もあります。有望なスーパードリンクの案内にも時間を割きたいと考えていますし、地域福祉の向上に係る活動もいろいろ予定が決まっています。お会いする相手ごとにお渡しする名刺も当然に異なりますので、名刺別の入れ替え補充も欠かせません。いろいろと多岐にわたっての行動が続きますが、バラバラのようでいて後でその時々の経験が役立つことが結構あります。楽しんで過ごしたいと考えています。26日にはJ2も開幕です。そちらも予定に入れています。

社会福祉法人の農地取得

学校法人、医療法人、社会福祉法人等が、教育実習農場、リハビリテーション農場等教育、医療又は社会福祉事業の運営に必要な施設の用に供するため農地の権利を取得することは、例外として農地法許可されます。しかも、農作業常時従事要件や下限面積要件も除かれます。宅地転用や耕作地保全事業に向かない農地の譲受者候補として、これらの法人に注目していいかと思います。

ミニトマト収穫パート募集

勤務地が玉名市横島町横島となる農業ハウス内でのミニトマト収穫作業のパート募集の求人を昨日ハローワークに出してきました。インターネット版ハローワークにも掲載される予定です。
(2017年2月14日追記:上記の求人は充足したため募集を締め切りました。)

アンケート回答による振り返り

当社のように経営管理者が一人という企業だと、社内での対話がないため、経営方針のチェックを怠りがちです。一方、起業して長くならない企業、新規農業参入企業ということで、公的機関やマスメディアからアンケート調査依頼が届くことがあります。あまり頻繁だと面倒ですが、設問を通じていろんな振り返りができて、有益です。回答協力すると提供される調査結果を見て発見につながることもあります。

地縁団体の出番

農業の後継者不足もあって近隣でもあちこちに荒れた農地が目立ってきています。都道府県単位で農地中間管理機構と称される農地情報を集積し貸し手と借り手を結ぶ組織がありますが、ほとんどマッチング機能を果たせていないのではないでしょうか。農地を農家など生産者だけにしか売ったり貸したりできないという縛りもあります。地元に近い地縁団体が一時的な受け皿となり家庭菜園でも使ってもらえるような農地流通のあり方もあっていいのではと思っています。

タイムマシン経営その2

昨日の投稿では、タイムマシン経営の例としてソフトバンクを取り上げましたが、これも昨日上場したJR九州も変化に富んだ道のりを走っています。鉄道事業が本業ですが、不動産事業やホテル・飲食店事業、農業事業に取り組んでいて、後から登場した事業が稼ぎ頭になっているものもあります。レールから降りてみる判断が成功した例だと思います。まだ農業は収益的に苦しいようですが、農業で稼ぐ上場企業が増えてくると頼もしく思います。