カテゴリー別アーカイブ: サイバー法人台帳 ROBINS

当事務所がROBINSに掲載されました

関輝明行政書士事務所の事業者情報が、JIPDECが運営するサイバー法人台帳「ROBINS」に、本日(2月18日)より正式に掲載されました。今後、当事務所は、ROBINS登録掲載にあたっての確認者としての事業も取り扱う計画です。確認者登録が完了した後に、改めて上記事業についてはご案内いたします。

https://robins.jipdec.or.jp/05593948655654

サイバー法人台帳

まだ馴染みが薄いかと思いますが、インターネットにおける日本のビジネス活動を円滑化するためのサービスとして、サイバー法人台帳「ROBINS」というサービスが、2013年7月にスタートしています。そのビッグデータにおいては、企業(個人事業主も含む)の日本語名称、会社法人等番号、英字名称、現住所、WebサイトのURL、メールドメイン等の企業特定のための情報のみならず、得意技術や表彰、業種、許認可、実績等、前掲のマスターデータとヒモづけされた特色情報も登録されることになります。これによって、インターネットの商取引において企業の信頼性がある情報を容易には入手できることとなり、ビジネスのスピード低下や機会損失を解消できる期待が寄せられます。たとえば、海外貿易を行う日本企業が定款には自社の英字名称を定めていても、国内銀行口座を入金先に指定する際は、自社の名称をローマ字表記で示さるを得ないため、取引相手も不審に思っていたことでしょう。そのことが是正される根拠データとして機能することも考えられるのではないかと思います。