カテゴリー別アーカイブ: 株式会社アテンプト

考えると確認と

センター試験の地歴と公民の試験開始時刻の間違いがよく発生するのだという記事がけさの朝日新聞に載っていました。1科目受験と2科目受験による勘違いから結構起こっているそうです。始末が悪いのは、学校の先生の無理解から生徒に間違った情報を与えているケースもあるとか。まずは、受験生自らがよく考えるなり確認するなりして、安易に学校の先生の言うことを信じないことだと思います。受験生が向かおうとしている世界は、まさに正解を覚えるのではなく自ら考えてその正しさを自ら証明するところだと思います。

文系理系の区別は無意味

本日のように雪が降る季節はセンター試験など大学入試の季節です。そこで思うのは数学の得意不得意が文系理系の区別を増長する悪しき風潮です。ある大学では数学の入試では記述式に重きを置いているそうです。記述式解答では、受験者の思考法が現れます。マークシート式解答と異なり部分点も獲得できます。そもそも論として学問とは正解を覚えることではなく、真理を考え極めること。そのための訓練というか素養として数学は優れています。人文科学の道に進む学生であっても数学的思考力が必要だと思います。

成人式

宇土市の成人式式典会場へ初めて入りました。自身が20歳のときは東京都北区在住でしたので王子公会堂(今はその施設はないようです)で開かれた式に出ました。ステージ上に区長や区議がずらりと並び、区議会の紹介みたいな式でした。ケンちゃん・チャコちゃんで一世を風靡した俳優が同世代として壇上で紹介されたのも記憶に残っています。それに比べると、宇土市の成人式は当事者たちが進行企画して式典そのものはコンパクトにまとまっていてよかったと思います。目的は最後の記念撮影会なんだろうなと思いました。式典はさっぱりしたものがいいと思います。

奥球磨ロードレースに川内選手が出場

1月14日(日)、熊本県水上村を中心に開催される「第6回公認奥球磨ロードレース大会」に、川内優輝選手が出場予定です。川内選手が出場するハーフマラソンの部は、10:45に水上中学校前をスタートし、水上村役場前でフィニッシュを迎えるコースとなっています。お近くの方は、ぜひ応援をよろしくお願いします。
http://www.vill.mizukami.lg.jp/q/aview/31/908.html

謹賀新年 2018年元旦

謹賀新年
ご健勝のこととお慶び申し上げます。
本年もよろしくお願いします。
2018年元旦

☆(株)アテンプトで応援するロアッソ熊本の観戦が唯一の息抜きですが、ため息ばかりの1年でした。今年こそJ1へ行こう。ミニトマト生産や就職ガイダンスの仕事も続けています。

☆行政書士の経験が、地域の皆様のニーズに応えられてきていることに喜びを覚えています。相続、農地活用、法人設立、外国人在留資格など、お気軽にご活用ください。

☆宇土市農業委員会の農地利用最適化推進委員に任命されました。地域の将来に係る分野の職務と感じています。

〒869-0416 熊本県宇土市松山町1408-1
株式会社アテンプト 関輝明行政書士事務所
関 輝明 Phone 090-7384-3172

生活防衛に注力を

当社の決算関係の書類もすべて完了しましたので、年明け早々に関係先に提出できる用意ができました。個人事業主の確定申告の作業は来月に行います。けさの地元紙の報道では公務員の定年も徐々に引き上げて65歳へ移行するとか。となあれば年金受給開始年齢も上がることでしょう。ますます勤務先や年金任せにならない生活志向が迫られます。無駄な兵器に予算を使う前に国民が疲弊して倒れやしないかと思います。

六本木にも同名の会社があるようです

熊本県および同県下44市町村が共同運営している電子申請システム「よろず申請本舗」が、2018年1月4日より新システムへリニューアルすると、県情報企画課より発表がありました。これに伴い、現システムでの申請受付は、2017年12月31日をもって終了し、現在利用中の利用者IDも新システムでは利用できなくなります。新システムは、セコムトラストシステムズ発行の行政書士用電子証明書に対応していないことから、電子申請による職務上請求のメニューも廃止となるということでした。もともと行政書士向けのメニューが手数料支払いの電子決済に対応しておらず利便性に欠けていたため、この廃止は無理からぬことでした。話は変わりますが、プライバシーマーク認証でおなじみのJIPDECが運営する「ROBINSビジネスレポート」という企業情報サービスがあり、無料なのでさっそく会員登録して自社名検索を行いました。すると、東京都港区六本木に同名の会社があることが分かりました。当社が設立した当時には株式会社で同じ社名はなかったのですが、いつの間にか共存しているのが不思議です。ちなみにその住所を本店とする会社は他にも多数あり、いわゆるバーチャルオフィスのようです。

ミニトマト出荷開始

今シーズンのミニトマト出荷を本日から開始しました。毎年同じように生産しても天候などの生育環境は異なりますし、その影響で需要も市場価格も変動します。冬春トマトの場合は、暖房にかかる燃料代の値動きも気になります。国際情勢、為替レートも生産原価に影響します。写真は出荷と関係なく、先日乗った肥薩おれんじ鉄道の窓から望む不知火海です。

第8期スタート

株式会社アテンプトの第8期がスタートしました。一昨日、福岡県みやま市にある清水寺本坊庭園を拝観する機会がありました。紅葉が見事でした。寺の説明で、せっかく観に来た人が訪れたのが遅すぎたあるいは早すぎたといって庭を写真撮影した後、額に掲げてある紅葉のきれいな写真を撮影して帰ると言っておられました。人はどうしても悪いところを探してしまうとのことでした。当日は雨上がりのしっとりとした感じで、鳥のさえずりや池に注ぐ水の音がよく聞こえる心洗われる時間でした。

気をつけたい

このところ多いのが弔事とケガと各種団体の理事会出席です。寒くなると急な体調変化が現れるのは分かります。ケガは大したことはないのですが、たまに外で庭木等の剪定を行うとちょっとしたことでキズを負っています。理事会はそれぞれの団体の活動チェックにあたって大切な機会です。集中して取り組みたいと思います。

期末と歳末業務

今月末が当社の決算期末、来月は個人事業主である事務所の期末、年末調整事務もあります。加えて再来年は消費税増税や改元もあります。いろいろ先々も見ながら処理を進めていかなくてはならない時期です。業務案件もできるだけ多く年内に整理したいものです。写真は先日参加した防災訓練の一コマ。

さてどうする

2005年のチーム設立以来13年間、監督や経営陣の中心としてロアッソ熊本を導いてくれた、池谷氏の辞任・離熊が伝えられました。熊本にJリーグの文化を根付かせてくれた功績は誰もが認めるところだと思います。まずは感謝とねぎらいの言葉をかけたいと思います。さて、あとは県民がどうするかです。

ロアッソ熊本とユキマサくんの順位確定

昨日、J2ロアッソ熊本と「ゆるキャラグランプリ」にエントリーしていた日本行政書士会連合会マスコットキャラクター・ユキマサくんの順位が確定しました。結果は、ロアッソ熊本が降格圏の21位。ただし、J2ライセンスを持たないJ3クラブが2位以内に入ることが確実になったため、降格は免れました。ユキマサくんの方は企業団体部門で、7位。昨年より順位は上げましたが、序盤3位、中盤6位から後退しました。この結果を受けて来季はどうするのか、考えを受けてから支援の力具合は決めたいと思います。

支援はいつどこまで

3日連続でロアッソ熊本ネタの投稿になりますが、ここ12年支援を続けただけに、今季残り1試合を残しての体たらくをどう受け取るべきか思案しています。明言すれば、苦しいから支援を続けるべきか、いっそのこと見放してしまうかという問題です。クラブ自体がシーズン終了後にどのような始末をつけるのか見てから決めたいと思います。かたやJ1昇格を決めた長崎の社長のあいさつは素晴らしいと感じました。平和を訴えるクラブとしてさらに飛躍してほしいと思います。

長崎に越されてしまいました

共に2005年に設立された現J2の長崎が熊本を追い越してJ1昇格を昨日決めました。この違いは何なのかよくよく振り返ってみる必要があるかもしれません。仮に次節に熊本が降格圏に沈んでも、J3の2位以内にJ2ライセンスを持たない秋田か沼津が入れば、降格を免れるのは事実です。しかし、それでいいのかということも含めて考えなければなりません。